プラセンタ化粧品・サプリメントを販売する中央メディカル化粧品の紫外線(UV)解説

中央メディカル化粧品の紫外線(UV)解説

ラミュー

紫外線とは?ultraviolet ray

紫外線とは太陽光の1つです。太陽から地球への日射は、大きく分けると可視光線・赤外線・紫外線の3つに分けられます。その中で最も波長の短い光が紫外線であり肉眼では見ることは出来きません。 また紫外線は波長によってUV-A、UV-B、UV-Cの3種類がありますがUV-Cはオゾン層と大気中の酸素分子で完全に吸収される為、地球の表面に届く紫外線はUV-AとUV-Bの2種類です。

目に見える可視光 52%・・・光 明るさ
目に見えない赤外線 42%・・・熱 温かさ
目に見えない紫外線 6%・・・生成と破壊

紫外線とは太陽から放出される目に見えない光の1種です

UV-A
お肌への影響 光老化/シワ/たるみ
UVAは、地球の表面に届く紫外線の約95%を占めます。照射量が多く浸透力も高い為、肌の奥にある真皮層にまで達すると考えられており、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞に損傷を与え、 皮膚の弾性を失わせ老化を促進します。また太陽の日差しが強くない秋冬や朝夕でも減衰しないのがUV-Aの特徴です
UV-B
お肌への影響 日焼け/シミ
UVBは、地球の表面に届く紫外線の約5%を占めます。おもに肌の表面で吸収されるので肌の奥にある真皮層まで達する事はまずありませんが、UVBはUVAよりも強いエネルギーを持っている為、表皮層に強く作用する事で細胞を損傷させ火傷のように赤くなったり(サンバーン)、色素細胞がメラニンを生成し防御反応を取る事で、メラニン色素が沈着して褐色になったり(サンタン)する事でシミやソバカスの原因となります。

紫外線とは老化を促進し、シワ・たるみ・シミの原因となります。