UVの知識

紫外線と季節

紫外線は年間を通して毎日降り注いでいます。シミ・シワ・そばかすなどから肌を守る・肌老化を遅らせるためには、365日、直接日が当たらない室内にいても紫外線対策をしなくてはいけません。

紫外線が一番強い季節といえば、日差しの強い夏をイメージしますよね?確かに夏場の紫外線は強く日焼けしやすい季節です。しかし、老化を促進するUV-Aが1番強く注がれているのは夏ではなく春先なのです。春先から夏にかけては曇りがちや雨の日も多く、紫外線の量をそれほど気にしない事が多いです。しかし、晴天の日が少ないだけで晴れている日の紫外線量は真夏とはほとんど変わらないです。

8月はオゾン層によるUVBの吸収が少なく、より多くのUVBが地上へ降り注ぎます。またUVAの量も5月と同様でとても多く、徹底した紫外線対策が必要となります。 気温の高い夏場は汗をかく事も多く、折角日焼け止めを塗っても流れ落ちてしまう事があります。夏場の紫外線対策はこまめに日焼け止めを塗りなおす事で紫外線対策をして下さい。

秋は気温が下がる為、外にいても過ごしやすい気候で、散歩やレジャーといった室外でのイベントが楽しい季節です。とはいえ降り注がれる紫外線量は春夏とほとんど変わらないのです。どんなに気持ちのいい気候でも、目に見えない紫外線が降り注いでいる事を意識し、UV対策する事が大切な季節です。

冬の紫外線量は夏のピーク時に比べると1/3程度です。そういうと少なく感じるかもしれませんが、実際は冬でも30分日差しを浴びれば、夏に10分日差しを浴びたのと同程度のUVA波を浴びているという事です。また、冬は夏に比べ、腕や脚を出す事も少なくなりますので「わざわざ日焼け止めを塗らなくてもいいか」とUV対策が疎かにになりがちですが、冬場も紫外線は降り注がれていますので要注意の季節です。

ページ:
1 2

3

人気商品

西武ライオンズオフィシャルパートナー

ページ上部へ戻る