肝斑について

メイクで隠そうとすると厚化粧になってしまうシミ、そのシミの中でも特に厄介と言われているのが肝斑(かんぱん)。最近はCMなどでもその名前を聞く機会が増えましたが、一体肝斑とはどういうシミなのでしょうか?今回は肝斑が出来てしまう原因と対策について今お話しようと思います。

肝斑とは顔に出来るシミの1つで、パッと見た感じでは通常のシミと同じように見えますが大きな違いがあります。通常のシミの場合でしたら、お顔全体ランダムに出来ますが、肝斑の場合、左右にほぼ同じような大きさ・形のシミが頬の骨に沿って、または額や目じりの下あたりにも左右対称に現れるという特徴があります。

肝斑が出来る年齢も30代~40代に現れ、50代より高齢になると肝斑が現れることはほとんどありません。また肝斑が出来る原因は、通常のシミ・ソバカスのように紫外線だけが原因ではなく、女性ホルモン等が原因でシミになっているのです。
女性には妊娠や出産があり、さらに更年期などで女性ホルモンのバランスが崩れがちになる30~40代に肝斑はできやすく、逆に50代以降と高齢になると肝斑は出来にくいことから女性ホルモンが作用している事が分かります。
そんな肝斑に対応するにはどうすれば良いのでしょうか?

1つは女性ホルモンのバランスを整えるサプリメントを摂り、日常的にホルモンの乱れをなくす事です。それに併用し、トラネキサム酸やビタミンCなどの塗り薬や化粧品も肝斑には効果があります。特にトラネキサム酸はメラニンの発生を抑える働きがある為、肝斑の改善にはおすすめ出来る原料です。

Lamu × the World

人気商品

西武ライオンズオフィシャルパートナー

ラミューは埼玉西武ライオンズの2018年オフィシャルパートナーです。

中央クリニック Image Movie

ページ上部へ戻る