クレンジング(メーク落とし)について

メイクをしたら必ず行わなくてはならないクレンジング。このクレンジング剤には沢山の種類がありますが、皆さま何を基準に選んでいますか?

クレンジングはスキンケアの中でも肌への負担が大きく、自分に合わない物を使用し続ける事や、きっちり汚れを落とせていない事で肌トラブルの原因になります。まずはクレンジング=ただメイクを落とすスキンケア。ではなく、クレンジングは美肌の基礎作りという認識を持ち、自分に合ったクレンジング剤を選びましょう。

<クレンジングの種類>
クレンジングには・クレンジングシート・オイルクレンジング・リキッドクレンジング・ジェルクレンジング・クリームクレンジング・ミルククレンジングの6種類があります。全てメイクを取るクレンジング剤ですが、それぞれ特徴が違います。

クレンジングシート・・・クレンジングシートは、使い捨てのシートにクレンジング剤が含まれており、ふき取るだけで簡単にメイクを落とす事が出来ます。
メリット:そのまま洗顔が必要ないタイプもある最も手軽なクレンジング剤
デメリット:シートでメイクのされた肌を擦るのでお肌に刺激を与えてしまう

オイルクレンジング・・・オイルクレンジングはオイルが主な成分のクレンジングです。メイク落ちがよく、マスカラのような落ちにくいメイクも簡単に落とせます。
メリット:1度のクレンジングで油性のメイク(ファンデや口紅)もさっぱり落とせる。
デメリット:脂性肌の方は洗顔してもべた付きが気になる事も。又まつ毛エクステを施術している方はオイルが使えない事が多い。

リキッドクレンジング・・・リキッドクレンジングは水分が主のタイプのクレンジング剤です。サラサラとした液状のものが多くべた付きがありません。
メリット:濡れた手でも使える物が多く、お風呂場などでも使用しやすい
デメリット:1度のクレンジングでは油性メイクが落ちにくく擦ってしまいがち

ジェルクレンジング・・・ジェルクレンジングはオイルフリーの水性タイプ・オイルインの水性タイプ・油性タイプの3種類があります。ジェル状のクレンジング剤の為、メイクにぴったりとフィットし摩擦を軽減しながらオフする事が出来ます。
メリット:テクスチャーが使いやすく、しっかりメイクでも肌に負担が少なく落とせる物が多い。
デメリット:落ちが悪いジェルクレンジングの場合、メイクの肌残りによりトラブルを招く事もあり。

クリームクレンジング・・・クリームクレンジングはクリームタイプのクレンジング剤です。重さのあるテクスチャーの物が多く、マッサージにも使用されます。
メリット:摩擦を少なくクレンジング出来るのでお肌への負担が少なく、油分を多く含むため乾燥肌の方にもおすすめ
デメリット:油分が多く含まれている為、べた付きが気になる場合もある

ミルククレンジング・・・ミルククレンジングは乳液状のクレンジング剤です。お肌への刺激を少なくメイクオフする事ができます。
メリット:最も肌に刺激が少ないクレンジング剤なので、敏感肌の方におすすめです
デメリット:落ちが良くない為、しっかりメイクやウォータープルーフは落ちません。

肌に優しくメークオフ。ラミュープラセンタクレンジングゲル

Lamu × the World

人気商品

西武ライオンズオフィシャルパートナー

ラミューは埼玉西武ライオンズの2018年オフィシャルパートナーです。

中央クリニック Image Movie

ページ上部へ戻る