肌のシミとホクロの違いについて

「またホクロが増えたの…」「えー?それってホクロじゃなくてシミなんじゃないの?」こんな会話をした事はありませんか?

自分の顔や体にある黒い点がシミなのか、ほくろなのかを分かっている人はどれ位いるのでしょうか。

実際シミとほくろはパッと見よく似ているので、見るだけで区別するのは中々難しいです。

今回はこの両者の違いを理解し、見分け方を知る事でどんなケアをするべきなのかを知っていきたいと思います。

まずは年齢を一回り上に感じさせてしまう「シミ」。シミの原因は紫外線によって肌に刺激が与えられることで、お肌を紫外線から守ろうとメラノサイトと呼ばれる細胞がメラニンを生成します。本来でしたらメラニンはお肌を守る役割を果たした後は新陳代謝により排出されます。しかし強い刺激が長時間かかるとメラニンが過剰に生成されてしまい、ターンオーバーによってメラニンが排出しきれなくなります。するとお肌に残ったメラニンが色素沈着を起こしシミが出来上がります。

また、加齢によってもターンオーバーが乱れます。そうするとメラニンの排出が滞りシミができる原因となります。

次は場所によってはチャームポイントになる「ホクロ」。ほくろもメラニンが原因でできますが、シミと大きく違うのは皮膚の一部に集合することでできるものです。要はメラニンが散らばってバラバラに色素沈着してできるのが「シミ」、メラニンが集合して1箇所に色素沈着してできるのが「ホクロ」です。また、ホクロはシミのように平坦ではなくふっくらと盛り上がっている事が特徴です。先天性のもので小さな頃からある「ホクロ」と後天性のもので成長過程で出来る「ホクロ」があります。

そして気をつけないといけないのが、「悪性悪色腫」と呼ばれるホクロの癌です。これはメラノサイト細胞が、ガン細胞化したもので見た目がホクロとよく似ています。ホクロが急に大きくなったり、手の平や足の裏にいきなり出来たホクロには注意して下さい。

そんな私達を悩ませるシミとホクロ、見た目が似ているだけでなく出来てしまう原因もメラニンと同じなんですね。

メラニンに効果的なケアといえばまずは紫外線の予防ですが、出来てしまったシミに対しては薬用の美白化粧品がおすすめです。

また、ターンオーバー正しく行われていない事もシミの大きな要因となっておりますので、ターンオーバーを正常に戻す事が期待できるサプリメントを摂る事も大切です。プラセンタのサプリメントはターンオーバーを整える効果だけなく、美白も期待出来るのでシミにお悩みの方はプラセンタ配合のサプリメントがおすすめです。

毎日の日々を美しく元気に不安のない素晴らしいものに。ラミューのサプリメント

Lamu × the World

人気商品

西武ライオンズオフィシャルパートナー

ラミューは埼玉西武ライオンズの2018年オフィシャルパートナーです。

中央クリニック Image Movie

ページ上部へ戻る