鼻の角栓

鏡を覗き込むと小鼻に白いプツプツ…。触ると酷くなると分かっていても触りたくなる上、 一度気にしてしまうと白いプツプツの事が頭から離れなくなり夢中で取ってしまう事もあります。

この白いプツプツ、脂の塊?何となく知っている気はしますが、調べたりまではしない人も多いですよね。

正体は『角栓』です。角栓とは、本来なら落ちるはずの皮脂や角質が過剰に分泌された為、毛穴に詰まった状態の事です。

この角栓を手早く取り除く手段の1つに『毛穴シート』があります。気になる小鼻部分にシートを貼り付けて一気に剥がせば、白いウニョウニョがびっしり張り付き、角栓がスッキリ取れたようで気持ちいい!確かに何ともいえない快感ですが、無理に角質を引っこ抜く毛穴シートはお肌にとってはデメリットしかありませんので絶対NG行為です。

毛穴シートの粘着素材は角栓だけでなく、健康な角質まで強引に剥がしてしまいます。また角栓を無理に引っこ抜く訳ですから毛穴の壁面部分は傷だらけになってしまいます。そんなお肌にとって乱暴な行為を週に1度でも継続して使用すれば、毛穴は傷を修復する間もなく傷を繰り返し、毛穴の組織が損なわれ大きな穴が空いたまま閉じなくなってしまいます。

そして角栓は1度溜まってしまうと取っても又すぐ詰まるを繰り返してしまうのです。

角栓は皮脂が酸化した状態ですので、取り過ぎる事で肌は今乾燥してる!皮脂がまだまだ必要だと判断してしまい、過剰に皮脂を分泌させます。するとまた毛穴に皮脂が溜まり酸化し角栓になります。この状態にハマると角栓無限ループ状態になり、結局無理やり引っこ抜いてしまい、取り返しのつかない陥没毛穴になりがちです。

そうならない為には溜まった角栓を一気になくすのではなく、徐々に角栓のないお肌に改善していく事をお勧めします。

まず、皮脂を取りすぎない洗顔を心がけます。脱脂力の強い洗顔はスッキリと気持ちよく思いますが、お肌に潤いは残しつつ汚れだけはしっかり取るマイルドなクレンジング、洗顔を選んでください。そして毛穴を開きっぱなしにしない事です。お肌の保湿力が保たれているとふっくらとキメが整います。それは毛穴が開いていないという事ですので、常に潤いを意識しお肌を乾燥させない事が角栓を作らせにくい美肌づくりには必要です。高保湿のオイルは角栓のお悩み方には人気ですが、ベタつきが気になる方も多いので、浸透率の高い化粧水や長期間潤いが保てるゲルクリームなど、自分の好みに合ったもの継続して下さい。

Lamu × the World

人気商品

西武ライオンズオフィシャルパートナー

ラミューは埼玉西武ライオンズの2018年オフィシャルパートナーです。

中央クリニック Image Movie

ページ上部へ戻る