秋の季節と肌のバリア機能

【秋は肌バリア機能が低下しやすい時期】
花粉症といえば春のイメージが1番に思い浮かびますが、実は秋も花粉は飛んでいます。
しかも秋のお肌は夏の紫外線ダメージでいつも以上に敏感、花粉へのアレルギー反応も出やすくなっています。そこに追い打ちをかけるように冬にかけての乾燥も進んでいるので、きっちりお手入れしていてもカサカサ、痒い、赤くなる、といった肌のバリア機能が低下して起こる「花粉皮膚炎」になりやすい季節です。
肌のバリア機能が低下すると、昨日まで使用していた化粧品にも刺激を感じる敏感肌の状態になり、かゆみやヒリヒリ感といった肌トラブルが起きやすくなります。そういったトラブルを回避するためにも、朝晩十分に保湿し、日頃からスキンケアで肌のバリア機能を低下させないよう心掛ける事が大切です。
そんな肌のバリア機能を保つ為に必要な成分に「セラミド」があります。
セラミドの主な働きは、お肌の水分保持機能の改善・水分蒸発の防止です。これはただ保湿をしているという事ではなく、お肌に水分をたっぷりと貯めるという事です。水分が満たされているお肌はプルプルと若々しい印象を与えるだけでなく、外部からの刺激にも強くなり、お肌のバリア機能も回復します。

肌をしっかりと守る。ラミューのスキンケアアイテム

Lamu × the World

人気商品

西武ライオンズオフィシャルパートナー

ラミューは埼玉西武ライオンズの2018年オフィシャルパートナーです。

中央クリニック Image Movie

ページ上部へ戻る