目元の悩み② ~茶クマと黒クマ~

【茶クマ】
目の下がどんより暗い、温めても良く寝ても全くクマが消えない。そのクマ、青クマではなく茶クマの可能性があります。茶クマはなかなか消えなくて、下手にマッサージをすれば摩擦でよりメラニン色素が発生し色素沈着が酷くなります。それなら色素沈着には美白がいいのかと思いますが、茶クマの場合目の周りの皮膚が古い角質などでくすんでいる為、美容成分が上手く浸透しません。

茶クマのチェック方法・・・下まぶたを指で軽く引っ張ってもクマの色に変化はなく、クマも皮膚と一緒に引っ張られ場所が移動する。
茶クマの原因と対応・・・茶クマは日々のクレンジング摩擦などにより、古いメラニンが排出されずお肌に残ってしまい、それがくすみになっている事が原因です。このくすんだ古い角質をターンオーバーによって排出し、新しいお肌へ生まれ変わらせる必要があります。
茶クマにお勧めの成分・・・ プラセンタの中にはアミノ酸をはじめとした体つくりの基礎となる成分がたっぷり入っている為、プラセンタのサプリメントを継続的に摂る事で、年令によって遅くなりがちな肌サイクル(ターンオーバー)をサポートします。

毎日を美しく笑顔で過ごすために。ラミューのサプリメントがサポートします。

【黒クマ】
黒クマとは主に加齢が原因で出来るクマで、皮膚自体がたるんで目の下に影を作るケースと、目の下の眼輪筋に眼窩脂肪を支える力がなくなると脂肪が突出する事で影ができクマになってしまうケースがあります。要は黒クマとはよく年配の俳優さんなどでも見られる目の下の膨らみで、目袋と言われている物ですね。
そしてクマが出来てしまうとどうしてもやりがちなケアがマッサージです。確かに血行不良が原因の青クマにはマッサージは有効なケアですが、黒クマの場合、マッサージをする事でたるみが余計に酷くなる事や色素沈着でより色が濃くなる事もあります。自分のクマはどのタイプの物かをしっかりと把握し、適切なケアをしてください。

涙袋と目袋の違い・・・涙袋は涙を押し出すための筋肉が盛り上がって見えている状態で、目袋は目を支える眼輪筋の周りについた眼窩脂肪が、眼輪筋の衰えや、皮膚のたるみによって出ている状態です。
黒クマの見分け方・・・クマ部分を指で軽く引っ張ると色が薄くなる、鏡を正面で持ち首を天井へ向けた際にクマが薄くなる場合はこの黒クマです。
黒クマにおすすめの成分・・・黒クマは加齢が原因なので、エイジンケア用美容液がお勧めです。特に塗るボトックスと言われているアルジルリン配合の美容液は、くぼんだお肌をふっくらさせる効果があるので、影のできてしまう黒クマにはおすすめの成分です

エイジングケア専用美容液。気になる個所を集中ケア「ラミューエクスターナルBHゲル」

Lamu × the World

人気商品

西武ライオンズオフィシャルパートナー

ラミューは埼玉西武ライオンズの2018年オフィシャルパートナーです。

中央クリニック Image Movie

ページ上部へ戻る