コラーゲンの話 ~体を構成するタンパク質~

スキンケアやヘルスケアで大事な役割を果たすといわれるコラーゲン。よく目にしたり口にする名前ですが、コラーゲンが何かと聞かれると意外とわからないものです。ここでは少しコラーゲンについてお話をしましょう。

コラーゲンは体を構成するタンパク質の1つで、皮膚の真皮、骨、歯、腱の主成分です。体を構成するタンパク質の約30%を占め、そのうち40%が皮膚、20%が骨、その他は血管や内臓などに存在します。
コラーゲンはポリペプチド鎖3本がらせん状に巻かれた構造になっています(ポリペプチドはグリシン、プロリン、ヒドキシプロリンのアミノ酸が主成分です)。その配列、構造、大きさなどの違いにより、コラーゲンは30以上の分子種があり、その分子種によって体内部での存在する場所に違いがあります。Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅴ・Ⅺ型コラーゲンは線維性のコラーゲンとして知られており、Ⅳ・Ⅵ・Ⅶ型コラーゲンは非繊維性です。肌のハリに大事なコラーゲンはⅠ型コラーゲンです。

その肌のコラーゲンを支える役割を果たしているのにエラスチンがありますが、エラスチンもタンパク質です。なかなか普段エラスチンがタンパク質だというイメージは持てないかもしれないですね。タンパク質が私たちの体の中で果たしている役割の大きさを改めて感じます。実際、そのエラスチンは、靭帯や肺、大動脈などの構造を作る上でも主要な成分です。強い弾性を示すのが特徴で、肌の真皮中のコラーゲンを支えているので、エラスチンはもちもちっとした肌を保つのに大事なタンパク質になります。

スキンケアやヘルスケアでコラーゲンを活用するシーンは多くありますが、なぜそれほどコラーゲンを意識するのかほんの少しご理解いただけたのではないでしょうか?コラーゲンを美肌など肌にしか必要のないものだと思っていたら大間違いだったなんていう人もいるかもしれません。肌以外でもコラーゲンは大変活躍しているのです。コラーゲンを意識して活用していくことはスキンケア・ヘルスケアに大いに役立つことでしょう。

参考:平野久「タンパク質とからだ 基礎から病気の予防・治療まで」(中公新書)

プラセンタとコラーゲンを配合したラミューのサプリメント「プラセンタコラーゲンカプセル」

 

Lamu × the World

人気商品

西武ライオンズオフィシャルパートナー

ラミューは埼玉西武ライオンズの2018年オフィシャルパートナーです。

中央クリニック Image Movie

ページ上部へ戻る