なかなか良くならない背中ニキビの正体

自分の顔は毎日何度も鏡で見る事がありますが、背中ってなかなか見ないですよね。

だから自分では全然気づかないうちに、背中にニキビが大発生なんてことになりかねません。

そして困った事に背中ニキビは何と自然に治る事はありません。

見た目がお顔のニキビと似ている為、「ニキビ」と呼んでいますが、そもそもお顔に出来るニキビと背中ニキビは原因菌が全く異なり、顔はアクネ菌が原因に対し、背中ニキビは「マラセチア菌」という真菌が原因と言われております。

アクネ菌に比べ、あまり聞きなれないマラセチア菌ですが、誰の体にも存在している常在菌(カビ)です。

基本的には無害な菌ですが、皮脂や汗といった分泌物が過剰に増えると、それらをエサにしているマラセアチア菌は急激に増えてしまい、それが要因で炎症を引き起こし体や背中ニキビが発生します。

背中ニキビの初期は、角質や皮脂が毛穴に詰まり皮膚が盛り上がります。そして症状が進行する事で炎症を起こし痛みが現れ、詰まった皮脂が酸化して黒くなります。さらに悪化すると、炎症を起こしたニキビが化膿して膿がたまります。そうなるとお肌の奥深くまで傷つけてしまう為、クレーター状に穴が空いてしまったり、シミとなって残る事があります。

背中の場合、悪化するまで気付かない事も多いですが、手遅れになる前に早めに対処する事が大切です。

そんなマラセアチア菌によるニキビケアにおすすめしたいのは殺菌効果のある薬用ゲルです。

すでに背中ニキビが悪化し赤く化膿した状態でしたら、炎症を鎮静させる「グリチルリチン酸2K」が配合されている物を選んでください。逆にオイル成分が配合されてる商品の場合、マラセチア菌は脂を好む真菌なのでかえって悪化する可能性がある為避けた方が良いと思われます。

これからの季節は夏に比べると背中を露出する機会は少なくなりますが、洋服の摩擦やヘアケア剤の洗い残しなどでも背中ニキビは悪化するので、入浴する際には自分の背中をチェックして下さいね。

Lamu × the World

人気商品

西武ライオンズオフィシャルパートナー

ラミューは埼玉西武ライオンズの2018年オフィシャルパートナーです。

中央クリニック Image Movie

ページ上部へ戻る